ミリタリーワールド

めくるめくミリタリーの世界へようこそ!

ミリタリーと言う単語を聞くと、まず思いつくのが軍服や軍隊、という人も多いのではないでしょうか?あるいは、ヘリコプターや戦車、銃などを思い浮かべる人もいるかもしれません。
ミリタリーの語源は「軍の」「軍隊の」という意味で少し物々しいイメージもあるかもしれませんが実は、私たちの生活の中の意外なところに使われていたりするのです。
例えば、ブレザーや詰襟はもともと軍服のデザインから生まれたものです。
迷彩柄も山や草原、砂漠、林の中で見つからないための柄ですが、今はファッションの柄として洋服に使われることも多くなっています。
街を歩けば、軍服をもとにしたデザインのコートやジャケット、ズボンやリュックサック、帽子を身に着けている人を見かけることも少なくありません。
いわゆる戦争映画などをきっかけに歴史を知ったり、登場する武器や軍服、戦車や航空機など、様々なジャンルに興味を持つことができるのではないでしょうか。
一般的に一番馴染みやすいものといえばファッション分野かもしれません。
そういった洋服を扱うお店や、ネットショップも少なくないので実際に探してみるのもいいかもしれません。
あなたの身近なところにあるミリタリーを探してみるのも良いかもしれません。

ファッションにも取り入れられている「ミリタリー」

デザインが軍服風のものを「ミリタリー」と言います。
装飾にも、パッチポケットや金ボタン、肩章に助骨状の房飾り等があしらわれています。
模様としては迷彩柄、色はカーキ、オリーブ等の自然を彷彿とさせるアースカラーが使用されていることが特徴として挙げられ、軍人や軍隊で着用されている軍服のテイストが取り入れられた仕様となっています。
アースカラーが多々用いられている理由としては、戦場で敵から狙われない様、自身を目立たなくする為と言われています。
また、本来の軍服は実用的に作られていることから、ファッションに採用されるものは実物よりも多少なりともアレンジされているケースが殆どです。
元々「ミリタリー」と言う言葉は、軍の中でも陸軍のことを意味する言葉でしたが、現代では空軍や海軍等も含まれた意味合いに変化しています。
これらのデザインが取り入れられた服装を「ミリタリーファッション」と言います。
国ごとに、または軍隊ごとに種類分けすることが可能であり、デザイン等にも違いがみられます。
大まかに分類すると、陸軍はアーミー、海軍はネイビー、空軍はエアフォースと言った具合になります。
普段のファッションの一部に、デティール等の小物を取り入れるだけでも存在感があります。

pickup

宅建士 専門学校
https://www.sundai-slec.ac.jp/
屋形船
http://www.nawayasu.com/
着うたフル 無料
http://chakufull.info/
世田谷区で内科を探す
http://www.saijo-clinic.com/
インプラント 世田谷
http://www.kiwakai.or.jp/yamanishi/
鹿児島の不要品買取
http://kagoshima.fuyouhin-kaitori-center.com/
川崎 カイロプラクティック
http://www.komu-chiro.com/
大阪 ネイルスクール
http://nails-shine.com/

2016/11/2 更新

『ミリタリー』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/p8jpor16/public_html/abhizworld.com/index.html on line 61
Copyright 2015  ミリタリーワールド  All Right Reserverd.